アインシュタインの深い名言は夢ではない?

哲学

アルベルト・アインシュタインは、一般相対性理論、特殊相対性理論を唱えた偉人

世界で唯一影響力のある理論学者です。

1.創造力は知識よりも重要だ。知識には限界があるが、創造力は世界を覆う。

生きている内は創造力を使わなければ勿体ない、ということですかね

 

2.重要なのは、疑問を持ち続けること。知的好奇心は、それ自体に存在意義があるものだ。

子供の頃の自分を忘れずに好奇心を持ち生き続ける。人生は学びです。

 

3.失敗したことのない人間というのは、挑戦をしたことのない人間である。

経験しなければ先は誰にもわからない。ある意味信憑性が増しますね。なんてね。

 

4.弱点は、いずれキャラクターになる。

個性は隠すにはもったいないということですかね。

 

5.私は賢いのではない。問題と長く付き合っているだけだ。

問題に長く付き合うという努力はきっと叶う?

 

6.私は未来のことを考えたことはない。すぐに現実になるからだ。

ビジュアライゼーションと似たものがあります。

 

7.この世で最も理解できないことは、それが理解できることであるということだ

理解出来ず、説明も出来ないのが世であるのかな

 

8.人生とは、自転車に乗っているようなもの。バランスを保つためには、走り続けなければならない。

足を止めて考えても意味がない?行動すべきだ と。

 

9.同じことを繰り返しながら、違う答えを求めているなんて、狂ってる。

繰り返しの毎日、繰り返しの行動、繰り返しの回答、

無限に見える迷路の様に違う分岐を歩いている内に、辿り着くものが必ずある。

これが一番印象に残ります。

 

案外心の中でも分かってるものではないでしょうか?

頭脳は夢を叶える見えない機械ですかね。

 

コメント