ワクチンは人口削減計画に載っている話「都市伝説」

ニュース

どうも、あぼです。

古い記事や新しい記事までのんびりサーフィンしています。

今回も興味深い「ワクチンは人口削減計画に載っている話「都市伝説」

を見つけたので触れていきたいと思います。

 

皆さんはインフルエンザなどの予防策に「ワクチンで予防しよう」と思っていませんか?

ワクチンの中身が分からず予防接種すると思います。

その意味とは何でしょうか?

そのワクチンには何が入っているのか

【閲覧注意】ワクチンには何が入っているの?【人口削減計画】 – NAVER まとめ

ここに知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は666である【新約聖書 ヨハネの黙示録 13…

脳を食べるワクチン

ビル・ゲイツ「ワクチンは人口削減のために作られる」

何故人口削減するために作られるのか?

二酸化炭素を0にする

「新しいワクチンの開発によって毎年死亡している子供の数を900万人から半分に削減できる」

「生存確率を上げるために作られたもの」

「ワクチンを接種することによって病気を誘発させる事で

病気で亡くなりやすくするためだ。」など

興味深い意見が載っていました。

 

年々ウイルスが進化していく中でワクチンも強化を続けていますが

ウイルスによる脳の異常反応、ワクチンとの関係性のバランスを保つのは

何か関係があるのかと思いました。

最近のインフルエンザ事件を調べてみると

インフルエンザ検出、線路で転落した女性のニュース

22日朝、東京メトロ日比谷線の中目黒駅で、出勤途中の会社員の女性(37)が、ホームから転落し、走ってきた車両にはねられ死亡した。

調べによると、女性はインフルエンザに感染していて、転落する前から、ホーム上をふらつきながら歩いていたという。

インフルエンザ感染は、意識や言動などに異変を起こすという。

死亡確率も60%辺りに及ぶ研究結果もあります。

非常に危険で生命に関わる社会問題です。

 

今の日本は新型インフルエンザがパンデミックに…

それを予防するためなのか?人口削減のためなのか?都市伝説なのか?

ワクチンについて改めて考えさせられます。

というわけで今回は以上です。ありがとうございました。

コメント